沿革

大正7年(1918) 創業 石川県鶴来町上東町において鉄工業を操業
昭和36年(1961) 石川県鶴来町新町で鉄骨工事請負業に切替え
昭和41年(1966) 本社工場を鶴来町道法寺町に移転
昭和43年(1968) 米森鉄工所を米森鉄工株式会社に改組として会社設立
昭和44年(1969) 川鉄Hフレーム指定工場となる
昭和45年(1970) 資本金400万円に増資
日本鋼管NKフレーム指定工場となる
昭和50年(1975) 新日鉄スタンフレーム・スタンパッケージ指定施工店となる
昭和51年(1976) 本社工場増築
昭和53年(1978) 日本鋼管(株)指定工場となる
昭和55年(1980) 資本金1,600万円に増資
昭和58年(1983) 全国鉄構工業連合会認定のハイグレード工場に認定される
昭和60年(1985) 川崎製鉄(株)ED指定工場となる
昭和61年(1986) 資本金4,000万円に増資
本社工場を石川県辰口町に移転
平成2年(1990) 米森鉄工株式会社を株式会社ヨネモリに社名変更
平成6年(1994) 東京営業所開設
平成8年(1996) 本社工場増築
平成9年(1997) 川建メタルビル指定施工店となる
平成13年(2001) 本社工場増築
平成14年(2002) ISO9001認証取得
平成17年(2005) 加賀工場開設
平成23年(2011) 東京営業所(新橋)から東京事務所(大井町)に移転
平成25年(2013) 関東工場開設(栃木県栃木市藤岡町)
平成26年(2014) 関東工場(栃木)ハイグレード性能評価取得